HeartyAiの使い方

HeartyAiの使い方を動画集で説明しています。

視線入力用パネルの導入方法について動画にしていただきましたので、参考にして下さい。
視線の動きで、いくつかのコマンド(休止、復帰。モード切替など)を実行できます。(使えるコマンドは今後拡充予定) 詳しい説明は動画をご覧下さい。
文字パネルなどの上に出る,黄色い半透明の四角形について、動画で説明します。 ここをの設定により、文字パネルも拡大機能で押せるようにもできるようになります。
HeartyAiには、目を閉じる、注視、スイッチ、視線ボタンの4種類の決定方法があります。 それらについて動画で説明いたします。
;マウスカーソルを動かす方法に2つのモードがあります。 視線マウスモードは視線と一緒にマウスカーソルが動きます。決定するとすぐにそこが、クリックやダブルクリックされます。 拡大選択モードは移動先をしっかり決めた後、実行するとそこにカーソルが移動して、クリックやダブルクリックされるというものです。 動画で詳しく説明しています。 >
HeartyAiの決定方法について、症状に合わせた設定を詳しく説明した動画です。セミナーのために作った動画に、HeartyLadderの最初の視線用の設定方法を加えました。
文字パネルの使い方についての動画です。
管理者権限を克服するために『本当にクリック』というデバイスを開発しました。 すこしトリッキーな方法ですが、なんとか乗りきれると思います。 『本当にクリック」は7000円で提供しています。