トップ  >  ハーティーラダーの使い方  >  モードと環境設定  >  表示  >  「表示」の設定

「表示」

画面表示に関する各種設定を行います。



A 文字サイズ


A-1 【文章入力エリア 下左図の文章入力エリアの文字サイズを変更します。上下二組の三角印は、左が5ずつ、右が1ずつ、サイズが変化します。


 


 


A-2 【メールリストエリア】 メール機能を使う際に、上右図の赤丸部分の文字サイズを決めます。

A-3 【メール本文エリア】 メール機能を使う際に、上右図の青丸部分の文字サイズを決めます。

A-4 【候補エリア】 「候補エリア」の文字サイズを決めます。0にすると、下図のように、候補エリア(入力エリア右の淡いグリーンの領域)をなくして、文字入力画面を広く使う事ができます。

B パネルサイズ・表示位置

文字パネルなどのサイズや表示位置を決めます。

B-1 【パネルを大きく】 チェックを入れると、ブラウザモードでのWEB操作用パネル(横長の1枚パネルから3枚パネルになります)、お気に入りリスト、セレクトを利用した漢字変換の際の変換候補リスト、ファイル操作の際のファイル一覧や、メールアドレス一覧などのパネルが大きくなります。

B-2 【50音パネルの位置】 左寄せ、中央位置、右寄せが選べます。デフォルトは中央位置です。

B-3 【パネルの縮小】 PCの画面サイズが小さいときや、入力窓を広くしたいときに使います。「少し縮小」にすると縦横それぞれ75%(面積で言えば約56%)、「縮小」が50%(面積で言えば25%)になります。

※以前は文字パネルは小さくしか出来ませんでしたが、今はtblファイルでサイズを指定することで、大きくも小さくも出来るようになっています。

B-4 【WEBパネルの拡大】 ブラウザモードで使うパネルのサイズを3段階で変更することができます。B-1の【パネルを大きく】にチェックを入れているときはすでに充分大きくなっていますので、こちらは効きません。下左図がWEBパネルのサイズを「大」にした場合、下右図がB-1【パネルを大きく】にチェックを入れた場合です。「モード切替」タブで【少ない文字のパネル】を選んでいる場合は、WEBパネルの体裁は下右図と同じですが、サイズが小さくなり、B-4の【WEBパネルの拡大】で「大」にした場合でも、B-1 【パネルを大きく】にチェックを入れた時よりもかなり小さくなります。

  

C 【キャレットの高さ】 キャレット(入力待ち状態で表示されるカーソル記号)の高さを指定します。

D 【選択候補を少なく表示】 「セレクト」による漢字変換の候補(文字入力画面右上に表示される)を少なくします。

E 【履歴の数】 履歴の数(例えば、メールのタイトル入力の時などに入力履歴が表示されます)を設定します。デフォルトは20です。

F 【アドレスやお気に入りの選択リストのフォントを大きく】  選択リストの表示が小さくて見にくい人のために、リストの文字を大きくする機能です。

※B-1と併用すると、リストの文字が一部隠れて見えなくなることがあります。

G 【入力方法】 通常、「ソフト規定」にチェックを入れておきます。「確定入力」にチェックを入れると、漢字変換機能を停止させることができます。例えば会話用に使うときなど、漢字変換をさせない方が使いやすい場合に、チェックを入れておきます。「変換用入力」は読み上げ対応パネルで漢字変換をしたいときにチェックを入れます。入ってないと、読み上げ対応パネルでは漢字変換出来ません。

H 【漢字制限】 「セレクト」による漢字変換の候補で使用する漢字を限定します。小学校の学年単位で選択できます。

I 【固有名詞は無制限】 ここにチェックを入れると、漢字制限をしていても、固有名詞だけはすべて漢字になります。

J 【十字ガイドの色】 Windows操作のマウス移動時の十字ガイドの色を指定します。

K 【ファイル読込のカーソル位置】 保存してあったファイルを読み込み終えたときに、カーソルが文頭にある方がいいか、文末にある方がいいかを選ぶ機能です。どちらがいいかは好みの問題でしょう。

L 【Win操作パネルの透過度(%)】 Window操作用のパネルが画面を隠してしまわないようにしたい時、パネルの透過度を設定します。数値が大きいほど透明になります。

M 【特別項目の編集】 文字パネルから【セレクト】ボタンを押すと、項目または変換候補一覧画面が出てきます。その中に「特別項目」という欄があり、それをクリックしたときに出てくる項目を、ここで登録・編集します。

N 【漢字選択パネルの色分け】 50音パネルから【セレクト】キーで漢字変換候補が出来ますが、そのパネルの背景色を設定します。【同じに】ボタンを押すと、全部同じ色になり、【初期化】ボタンを押すと、初期設定に戻ります。背景色が異なる方が、素早い選択ができるでしょう。

O 【一括単語登録】 HeartyLadderは、【セレクト】ボタンを使う独自の漢字変換機能用に、独自の漢字辞書を持っており、ユーザー登録も可能です。一語ずつの登録も出来ますが、一括登録も可能です。ここでは、あらかじめ単語と読みを登録した「一括登録辞書.csv」を作成して[ドキュメント]に入れておき、そこから一括で単語登録を行います。

※「一括登録辞書.csv」は、(1)各行が「単語、半角コンマ、読み」という形(例えば、「ハーティーラダー,はーてぃーらだー」)になるよう「メモ帳」などで作り、拡張子をcsvにして保存するか、(2)Excelで、A1に単語、A2に読み、B1に単語、B2に読み・・・という形式で入力し、csv形式を選んで保存してください。保存先はどちらの場合も[ドキュメント]です。

P 【50音下部スペース】 50音パネルの下に空白を開けます。次の【文字パネルを上】もそうですが、主に、視線入力モードで使うとき、人によっては画面下部を視線でコントロールしにくくなるため、それを回避する目的で採用された機能です。数値を大きくすると大きな空白ができます。もちろん、視線入力モード以外でも使えます。

Q 【文字パネルを上】 通常、文字パネルは画面の下半分に表示されますが、それを上半分に表示させる機能です。これも視線入力モード用に導入されてたものですが、視線入力でなくても、PCの設置状況によっては、こちらが使いやすいでしょう。

R 【テキストエリア左スペース】 テキストエリアの左側が見づらい場合(右側が見づらいときは、早めに改行すれば、対処可能)、左側には表示させないようにできます。



S 【エアロモードを使う】
 開発中の機能で、現在は動きません。

T 【Win操作パネルの初期サイズ】 Windows操作用のパネルの初期サイズを決めます。

投稿ツリー

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧




ログイン

ユーザー名:

パスワード:



パスワード紛失  登録申請

メインメニュー

インフォメーション

ドキュメントコーナー
オンラインマニュアル
ハーティーラダーの使い方
モードと環境設定
「環境設定」の使用法
モード切替
ダイアルアップ
メール
表示
その他
ジョイパッドボタン変更
外部プログラム
こんな時はどうするの? 逆引き索引 for 「『環境設定』の使い方」
カスタマイズ方法
読み上げパネルの作り方
その他の機能
マイボイスの使い方
マイボイスのデータ作成
HeartyAiの使い方