トップ  >  ハーティーラダーの使い方  >  モードと環境設定  >  モード切替  >  1ボタンスキャンモード
ボタンスキャンモードの設定


 

A 【モード】 選択可能なモードがドロップダウンリストになっていますので、右のVマークを押して、リストから「1ボタンスキャンモード」を選びます。

B 【少ない文字のパネル】 文字パネルのキーが多すぎて使いづらいとき、ここにチェックを入れると、50音中心のコンパクトなパネルが使えるようになります。ブラウザのパネルも3分割されます。

C 【マウスボタン/ジョイスティックボタン】 入力装置を決めます。起動時にジョイスティックボタンが使える状態になってないときは、マウスボタンしか選べません。マウスボタンにすると、HeartyLadderの操作にマウスが使えなくなりますので、ジョイスティックボタンが使えるのであれば、ジョイスティックボタンを選択しましょう。

D 【ソフトウェアボタンを使う】 ソフトウェアボタンは「ダウンロード」コーナーの「ソフトスイッチ」に入っている「視線でスキャンを止めるためのソフトスイッチ」などを使う際に利用します。通常は使いませんので、チェックを外しておきます。

 1ボタンスキャンモードには、さらに、「シンプル」、「ブロック」、「ワントラップ」、「集計」という、動作の異なるモードがあります。ここでそれを選択します。

・「シンプル」 文字通りシンプルで、意思伝達系ソフトによく見られるスキャン(自動走査)方式です。通常は左から右へ、1列ずつスキャンしていくので、目指す文字を含む列でスイッチを押すと、次は縦にスキャンするので、目指す文字のところで再度スイッチを押して、入力します。目指す文字に到達するまでに時間がかかりますが、わかりやすいのが一番のメリットでしょう。

・「ブロック」  1列ずつでなく、指定したブロック(例えば3列ずつ)ごとにスキャンします。ブロックを選択した後は、1列ないし1行ずつの選択になります。ブロックごとに移動するので、慣れてくれば、1列(1行)ずつ移動する「シンプル」よりも入力は速くなります。

・「ワントラップ」  文字の選択をよりスピーディに行うために、高速で左右・上下に移動するブロックスキャン(赤枠)でおおまかな場所を選び、次は1列・1行ずつ移動する低速スキャン(青枠)で確実に列や行を選んでいく方式です。使いこなしには若干慣れが必要です。慣れないうちは、スキャン速度を遅めにする方がいいでしょう。

・「集計」 震えなどがあって思うようにスイッチ操作ができず、狙ったところだけをタイミングよく押すことが難しいようなケースで便利な機能です。1回スキャンする間に一番多くスイッチを押した場所、もしくは、「決定クリック回数」で指定された回数押された場所、が選択されます。

 この枠内の設定は上記4種のモードによって若干の違いがありますので、各モードごとに説明します。 

《「シンプル」モードの設定》

 

1 【スキャン速度】 スキャン(自動走査)の速度を1/10秒単位で決めます。最近のバージョンから、二つの数値を設定できるようになりました。左が横方向のスキャン速度、右が縦方向のスキャン速度です。

2 【ブロック内繰り返し回数】 シンプルモードの場合は、行が選択されたとき、その行の上から下までスキャンする回数(何回入力待ちをしてくれるか)を意味します。大きくすると選ぶチャンスは多くなりますが、誤選択したときに復帰までの時間がかかってしまいます。慣れないうちは、やや多めにとって3、4回くらい、慣れてきたら2回くらいでも大丈夫でしょう。

3 【繰返入力待ち時間】 同じ文字を連続で入力したいとき、何秒以内にスイッチを連続押しすればいいかを設定します。繰返入力待ち時間を過ぎると、再び最初からスキャンし始めます。長くしすぎると、毎回待ち時間が生じて効率が悪化し、短くしすぎると、繰り返し入力ができなくなります。

4 【スキャン時の音】 ここにチェックを入れると、スキャンの時に、ピッピッと電子音がします。音があった方がタイミングが取りやすいですが、うるさければチェックを外しましょう。

5 【右からスキャン】 通常はスキャンは左から始まりますが、それを右から始まるようにします。右から「あかさたな」と並ぶ文字パネルなどで使いますが、普段はチェックを外しておきます。

6 【次のスキャンまでの待ち時間】  列もしくは行を選択した後、次のスキャンが始まるまで間を置きたいときに設定します。列(横方向)を選択した後、すぐ行(縦方向)の選択が始まると、一番上の文字や記号を選び損ねる事が結構多いですし、文字を入力した後、入力画面を確認したりしていると、次のスキャンが始まってしまって左端の列を選び損ねたりする事がありますので、ここで「間」を設定しておくと使いやすくなります。

7 【線の太さと色】 赤線のところを左クリックすると、「色の設定」画面が出てきますので、好みの色に変更できます。

 ここで線の太さを設定します。1~12まで設定できますが、細すぎても太すぎても見づらいので、3~9くらいまでが無難でしょう。なお、0や13以上の値を設定しても、デフォルトの3に戻ります。

9 【かなを入力後、かなだけを選択】 チェックを入れると、かな入力後、最初のブリンク時に、かな部分だけが選択された状態になります。そこでスイッチを押すと、かな部分だけで(下5行だけで)ブリンクしますので、縦方向の選択が素早く出来るようになり、かな入力の効率が上がります。放置するとブリンクの範囲が全体に戻ります。

10 【確定操作をする】 チェックを入れると、文字選択後、もう一度スイッチを押して確定させてはじめて、入力となります。誤入力すると、訂正に手間がかかりますので、一手間増えても確実に入力できた方がいい場合に、有効になるでしょう。

11 【カーソルはループ】 ここにチェックを入れると、パネルの端までスキャンすると次は反対の端からスキャンが始まります。チェックを外しておくと、パネルの端で折り返し、逆方向にスキャンが始まります。

12 【長押し機能を使わない】 ここにチェックを入れると、長押し機能が無効になります。長押し機能については、《こちら》をご覧ください。

13 【縦からスキャン】 通常、スキャンは横方向から始まりますが、それを縦方向から始まるように変更します。先に母音を決めてから文字を決定する口文字盤(口文字)と併用する場合などには重宝しそうな機能です。

14 【少ないときは遅めに動く】 ボタンの並びが少ないときに、自動的にスキャン速度を落とす機能。例えば、パネルが横10列、縦3行のような形になっているとき、ここにチェックを入れておくと、縦の選択時のスキャンが遅くなります。スキャン速度は遅い方が確実に目指すボタンを選択できますが、時間がかかってしまいます。速くすると選択ミスが増えます。この二律背反を克服しようという機能です。

15 【開始位置までスキャン】 列を選択すると、次は行の選択(文字の選択)になります。例えば、「あいうえお」の行があったとすると、「開始位置までスキャン」にチェックが入ってないと、「あいうえお、あいうえお、あいうえお」で次の列選択に戻ります(ブロック内繰り返し回数が3の場合)が、チェックが入っていると、「あいうえお、あいうえお、あいうえお」の後、開始位置である「あ」までスキャンしてから、次の列選択に戻ります。行選択の最初のボタン(今の例だと、「あ」)は、タイミング的に押し遅れしやすいので、それをカバーする機能です。ただし、【次のスキャンまでの待ち時間】の設定が出来るようになったので、そちらでタイミングを取りやすく設定しても、1文字目の選択ミスの回避は可能です。

16 【スキャンコントロール】 「使用しない」/「取り消し」/「逆進・順進・取り消し」の中から動作を選びます。 「取り消し」 列や行を選択すると、赤い丸が(日の丸に見えます)表示されるので、それが消えないうちにもう一度スイッチを押すと、右下向きの矢印が表示され、決定を取り消して、次の列や行の選択に進みます。 「逆進・順進・取り消し」 スキャン方向の逆転もできるようになります。列の選択中(横方向に移動中)であれば、日の丸→左上向きの矢印(逆進)→日の丸→右下向き(順進)と変化するので、目指すところでスイッチ操作を止めると、逆進、順進が切り替わります。行の選択中(縦方向に移動中)は、日の丸→左上向き矢印(上方向へスキャン)→R(選択取り消し)→右下向き矢印(下方向へスキャン)、となります。

 

《「ブロック」モードの設定》

 

1 【スキャン速度】 スキャン速度を1/10秒単位で設定します。

2 【ブロック数】 ブロックスキャンを行う際の、ブロックサイズを横方向、縦方向それぞれで設定します。左が横方向、右が縦方向の設定になります。

3 【ブロック内繰り返し回数】 で設定したサイズの 同じ文字を連続で入力したいとき、何秒以内にスイッチを連続押しすればいいかを設定します。繰返入力待ち時間を過ぎると、再び最初からスキャンし始めます。長くしすぎると、毎回待ち時間が生じて効率が悪化し、短くしすぎると、繰り返し入力ができなくなります。

4 【繰返入力待ち時間】 同じ文字を連続で入力したいとき、何秒以内にスイッチを連続押しすればいいかを設定します。繰返入力待ち時間を過ぎると、再び最初からスキャンし始めます。長くしすぎると、毎回待ち時間が生じて効率が悪化し、短くしすぎると、繰り返し入力ができなくなります。

5 【スキャン時の音】 ここにチェックを入れると、スキャンの時に、ピッピッと電子音がします。音があった方がタイミングが取りやすいですが、うるさければチェックを外しましょう。

6 【右からスキャン】 通常はスキャンは左から始まりますが、それを右から始まるようにします。右から「あかさたな」と並ぶ文字パネルなどで使いますが、普段はチェックを外しておきます。

7 【次のスキャンまでの待ち時間】   ブロックあるいはブロック内の列や行を選択した後、次のスキャンが始まるまで間を置きたいときに設定します。選択後すぐにスキャンが始まると、タイミング的に最初の列や行を選びそこねることが多いので、ここで少し「間」を設定しておくと使いやすくなります。

8 【線の太さと色】 赤線のところを左クリックすると、「色の設定」画面が出てきますので、好みの色に変更できます。

 ここで線の太さを設定します。1~12まで設定できますが、細すぎても太すぎても見づらいので、3~9くらいまでが無難でしょう。なお、0や13以上の値を設定しても、デフォルトの3に戻ります。

10 【かなを入力後、かなだけを選択】 チェックを入れると、かな入力後、最初のブリンク時に、かな部分だけが選択された状態になります。そこでスイッチを押すと、かな部分だけで(下5行だけで)ブリンクしますので、縦方向の選択が素早く出来るようになり、かな入力の効率が上がります。放置するとブリンクの範囲が全体に戻ります。

11 【確定操作をする】 チェックを入れると、文字選択後、もう一度スイッチを押して確定させてはじめて、入力となります。誤入力すると、訂正に手間がかかりますので、一手間増えても確実に入力できた方がいい場合に、有効になるでしょう。

12 【カーソルはループ】 ここにチェックを入れると、パネルの端までスキャンすると次は反対の端からスキャンが始まります。チェックを外しておくと、パネルの端で折り返し、逆方向にスキャンが始まります。

13 【長押し機能を使わない】 ここにチェックを入れると、長押し機能が無効になります。長押し機能については、《こちら》をご覧ください。

14 【縦からスキャン】 通常、ブリンクやスキャンは横方向から始まりますが、それを縦方向から始まるように変更します。先に母音を決めてから文字を決定する口文字盤(口文字)と併用する場合などには重宝しそうな機能です。

15 【開始位置までスキャン】 ブロックを選択すると、次はブロック内の選択になり、3で設定した回数、スキャンしますが、最初の列や行はタイミング的に押し損ねることが少なくありません。ここにチェックを入れておくと、最後にもう一度、最初の列や行をスキャンしてくれるので、選択ミスの回避に役立ちます。ただし、【次のスキャンまでの待ち時間】の設定が出来るようになったので、そちらでタイミングを取りやすく設定しても、1文字目の選択ミスの回避は可能です。


《「ワントラップ」モードの設定》


1 【高速スキャン速度】 高速スキャン時のスキャン速度を設定します。このモードの目的から考えて、「高速スキャン速度<低速スキャン速度」に設定するのが基本ですが、逆の設定も可能です。どのくらい速度差を付けるかは、利用者次第です。何度か設定を変えながら、ベストと思われる値を探してください。

2 【低速スキャン速度】 絞り込みの際の低速スキャン時のスキャン速度を設定します。

3 【低速スキャン移動数】   低速スキャンの状態になったとき、ここで指定した数のブロック内を低速でスキャンします。

4 【ブロック内繰り返し回数】 同じ文字を連続で入力したいとき、何秒以内にスイッチを連続押しすればいいかを設定します。繰返入力待ち時間を過ぎると、再び最初からスキャンし始めます。長くしすぎると、毎回待ち時間が生じて効率が悪化し、短くしすぎると、繰り返し入力ができなくなります。

5 【高速スキャン開始待ち時間】 横方向に列を決定した後、縦選択に移行する際の「間」を設定します。大きくしすぎると、素早く選択できる、というこのモードの特徴を損ねてしまいますので、ほどほどに。

6 【繰返入力待ち時間】 同じ文字を連続で入力したいとき、何秒以内にスイッチを連続押しすればいいかを設定します。繰返入力待ち時間を過ぎると、再び最初からスキャンし始めます。長くしすぎると、毎回待ち時間が生じて効率が悪化し、短くしすぎると、繰り返し入力ができなくなります。

7 【右からスキャン】 通常はスキャンは左から始まりますが、それを右から始まるようにします。右から「あかさたな」と並ぶ文字パネルなどで使いますが、普段はチェックを外しておきます。

8 【線の太さと色】  赤線は高速スキャン中、青線は低速スキャン中の枠線の色です。各々の線を左クリックすると、「色の設定」画面が出てきますので、好みの色に変更できます。

 ここで線の太さを設定します。1~12まで設定できますが、細すぎても太すぎても見づらいので、3~9くらいまでが無難でしょう。なお、0や13以上の値を設定しても、デフォルトの3に戻ります。

10 【かなを入力後、かなだけを選択】 チェックを入れると、かな入力後、最初のスキャン時に、かな部分だけが選択された状態になります。そこでスイッチを押すと、かな部分だけで(下5行だけで)スキャンしますので、縦方向の選択が素早く出来るようになり、かな入力の効率が上がります。放置するとスキャンの範囲が全体に戻ります。

11 【確定操作をする】 チェックを入れると、文字選択後、もう一度スイッチを押して確定させてはじめて、入力となります。誤入力すると、訂正に手間がかかりますので、一手間増えても確実に入力できた方がいい場合に、有効になるでしょう。

12 【カーソルはループ】 ここにチェックを入れると、パネルの端までスキャンすると次は反対の端からスキャンが始まります。チェックを外しておくと、パネルの端で折り返し、逆方向にスキャンが始まります。

13 【縦からスキャン】 通常、スキャンは横方向から始まりますが、それを縦方向から始まるように変更します。先に母音を決めてから文字を決定する口文字盤(口文字)と併用する場合などには重宝しそうな機能です。

 

《「集計」モード》の設定


1 【スキャン速度】 スキャン速度を1/10秒単位で設定します。

2 【決定クリック回数】  不随意運動による誤動作を防ぐため、所定の回数クリックしてはじめて、決定操作となる仕組みです。設定には、スキャン速度との兼ね合いを考える必要があります。スキャン速度が遅く、決定クリック回数が少なめだと、手の震えが決定操作と誤認識されやすくなります。逆に決定クリック回数を多めにして、スキャン速度を速めにすると、高速でクリックしないと決定できなくなるおそれがあります。

3 【キャンセルクリック回数】  間違った箇所を決定にしてしまったとき、さらにそこをクリックする事で、決定を解除できる機能です。決定クリック回数<キャンセルクリック回数に設定しないと、無意味です。ちな みに、ジョイパッドを使っている場合、ボタン5~9を使うと、一度押しで、決定を解除できます。

4 【集計後確定】 チェックを入れると、1回スキャンする間に一番多くクリックしたところが選択されます(決定クリック回数、キャンセルクリック回数は無効になります)。少々のミスクリックは気にする必要がなくなります。

5 【安定まで待つ】 手の震えが止まらず、連続押し状態になったとき、ここにチェックを入れておくと、連続押しがなくなるまで、スキャンを一時的に停止します。

6 【右からスキャン】 通常はスキャンは左から始まりますが、それを右から始まるようにします。右から「あかさたな」と並ぶ文字パネルなどで使いますが、普段はチェックを外しておきます。

7 【線の太さと色】 赤線のところを左クリックすると、「色の設定」画面が出てきますので、好みの色に変更できます。

8 ここで線の太さを設定します。1~12まで設定できますが、細すぎても太すぎても見づらいので、3~9くらいまでが無難でしょう。なお、0や13以上の値を設定しても、デフォルトの3に戻ります。

9 【かなを入力後、かなだけを選択】 チェックを入れると、かな入力後、最初のスキャン時に、かな部分だけが選択された状態になります。そこでスイッチを押すと、かな部分だけで(下5行だけで)スキャンしますので、縦方向の選択が素早く出来るようになり、かな入力の効率が上がります。放置するとスキャンの範囲が全体に戻ります。

10 【縦からスキャン】 通常、スキャンは横方向から始まりますが、それを縦方向から始まるように変更します。先に母音を決めてから文字を決定する口文字盤(口文字)と併用する場合などには重宝しそうな機能です。

11 【開始位置までスキャン】 列を選択すると、次は行の選択(文字の選択)になります。例えば、「あいうえお」の行があったとすると、「開始位置までスキャン」にチェックが入ってないと、「あいうえお、あいうえお、あいうえお」で次の列選択に戻ります(ブロック内繰り返し回数が3の場合)が、チェックが入っていると、「あいうえお、あいうえお、あいうえお」の後、開始位置である「あ」までスキャンしてから、次の列選択に戻ります。行選択の最初のボタン(今の例だと、「あ」)は、タイミング的に押し遅れしやすいので、それをカバーする機能です。ただし、【次のスキャンまでの待ち時間】の設定が出来るようになったので、そちらでタイミングを取りやすく設定しても、1文字目の選択ミスの回避は可能です。

12 【スキャンコントロール】 「使用しない」/「取り消し」/「逆進・順進・取り消し」の中から動作を選びます。「取り消し」 列や行を選択すると、赤い丸が(日の丸に見えます)表示されるので、それが消えないうちにもう一度スイッチを押すと、右下向きの矢印が表示され、決定を取り消して、次の列や行の選択に進みます。「逆進・順進・取り消し」 スキャン方向の逆転もできるようになります。列の選択中(横方向に移動中)であれば、日の丸→左上向きの矢印(逆進)→日の丸→右下向き(順進)と変化するので、目指すところでスイッチ操作を止めると、逆進、順進が切り替わります。行の選択中(縦方向に移動中)は、日の丸→左上向き矢印(上方向へスキャン)→R(選択取り消し)→右下向き矢印(下方向へスキャン)、となります。

 

G 【前置切り替え用】 切替器を使って、HeartyLadderの入ったPCと他の機器を切り替えて使っているとき、誤動作を防止するための設定をします。通常は使いませんので、どちらも0にしておきます。

H 【初期値に設定】 変更した設定を初期値に戻します。

I 【パネルのフォルダ】 HeartyLadderではデフォルト以外の文字パネルを使うことができます。使用するパネルが入ったフォルダを[ドキュメント]の[HeartyLadder]に入れておき、それをここで指定すると、使えるようになります。

J 【クリア】 「パネルのフォルダ」を空白にします(=デフォルトのパネルに戻します)。

K 【参照】 パネルのフォルダを指定する際、ここを押してパネルの入ったフォルダを参照します。

L 【待機と停止】 「待機」も「停止」も、ブリンクを一時的に止める機能ですが、「待機」はスイッチを一度押すとブリンクが再開し、「停止」は「復帰時のクリック回数」で指定した回数をクリックしないとブリンクが再開しません。使ってないときもブリンクし続けているのはうっとうしいので、使わないときは止めておきたくなると思います。その際に使うのが「待機」です。また、食事、トイレ、リハビリなどで、身体を大きく動かす場合、スイッチの設置場所によっては間違って押してしまう恐れがあります。それを避けるために、復帰操作をするまでの間、HeartyLadderを休止させるのが「停止」です。

M 【使用マウスボタン】 マウスボタンで操作する際、どのボタンを有効にするか、決定します。チェックの入ったボタンはすべてスイッチとして機能しますので、誤操作を防ぎたい場合は使うボタンを限定するといいでしょう。通常はすべてにチェックが入っていても特に問題はありません。

N 【マウスボタンの左右入れ替えてある】 Windowsの設定で左右のボタンを入れ替えているとき(コントロールパネル→マウス→ボタンの構成で、「主と副のボタンを切り替える」にチェックが入っているとき)、ここにチェックを入れます。

O 【スイッチのON/OFF時間の調整】 スムーズにスイッチを押せない、押したらなかなか離せない、といった場合に設定します。「無効時間」、「有効時間」、「有効キャンセル時間」、「リピート開始時間」、「リピート間隔」をうまく組み合わせると、かなり操作がしやすくなります。詳しくは《こちら》をご覧ください。

P 【音でスイッチ】 音(もしくは声)をスイッチ替わりに使いたいときに設定します。「サウンドクリックを使う」にチェックを入れると、しきい値の設定画面が出ますので、画面をクリックして、赤い線で示されたしきい値を使いやすい水準にセットします。詳しくは《こちら》をご覧ください。

Q 【連続押下で濁点小文字】 連続押し下げで濁点小文字に変更できます。

R 【濁点に濁点で濁点を取る】 濁点に濁点で濁点を取ることができるようになります。

 

 

投稿ツリー

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧




ログイン

ユーザー名:

パスワード:



パスワード紛失  登録申請

メインメニュー

インフォメーション

ドキュメントコーナー
オンラインマニュアル
ハーティーラダーの使い方
モードと環境設定
「環境設定」の使用法
モード切替
ダイアルアップ
メール
表示
その他
ジョイパッドボタン変更
外部プログラム
こんな時はどうするの? 逆引き索引 for 「『環境設定』の使い方」
カスタマイズ方法
読み上げパネルの作り方
その他の機能
マイボイスの使い方
マイボイスのデータ作成
HeartyAiの使い方